北九州保育福祉専門学校 実習(7月)

6月に引き続き、7月19日から28日まで北九州保育福祉専門学校より2名の実習生が来園しました。

前回と同じように実習生が中心となって利用者のみなさんと一緒に壁面作成に取り組んでくれました。

花火をテーマに色画用紙に赤や青、黄色や緑などのシールを貼ったり、クーピーで線を描いたり、

色とりどりの花火が完成しました。

出来上がった壁面を見て、利用者のみなさんも「これ私が作ったんよ」「楽しかったね、またやりたい」

など楽しそうに話をしていました。

実習生も10日間、利用者のみなさんと寝食を共にすることで、障害を持たれた方への理解が深まり、

充実した時間を過ごすことが出来たのではないかと思います。この経験をこれからも生かしてもらいと

思ってます。

                               支援課長 村上知美

DSC09383.JPG DSC09390.JPG DSC09391.JPG

  DSC09415.JPG DSC09418.JPG DSC09431.JPG

    DSC09425.JPG DSC09465.JPG DSC09469.JPG

 

 はじめは利用者のみなさんに喜んでいただけるか不安でしたが、熱中してシールを貼ったり、

クーピーでカラフルな線を思い思いに描く姿を見て、楽しんで頂けたのではないかと実感しました。

私も思いつかないようなアイデアできれいな作品を作って頂き、本当にうれしく思います。

                   北九州保育福祉専門学校 幼児教育課   松原

 レクレーションを行って利用者さんが楽しそうに制作をしている姿を見て、私たちも嬉しくなりました。

それぞれの障害を理解していくことがとても大切で、利用者さん一人ひとりに応じた声かけが大切だと

レクレーションを通じて、再認識することが出来ました。とても良い経験になりました。

                   北九州保育福祉専門学校 幼児教育課  本田

  2017/08/03   suougakuen

サイトマップ

プライバシーポリシー

決算報告

定款及び役員名簿

copyright © suougakuen All Rights Reserved.

アクセスカウンター